筋肉痛が遅くなってきた

2009-07-15

最近、筋肉痛が出るのが遅くなってきた。
ここんところ、同窓生のバレー練習会やママさんバレーで結構ハードに動いているので、筋肉痛がでる。
去年くらいまでは、筋肉痛が出るときは運動終了後4~5時間で痛くなったのだが、最近では24時間後に決まってでる。見事なまでに、計ったように24時間後なのである。

先週の日曜日のママさんバレーの練習は午後8時30分くらいに終わった。
結構な本数スパイクを打ったので、筋肉痛だろうなあ~と思っていた。
翌朝になっても不思議となんともない・・・
「あれ?筋肉痛はなしかあ」と思って夜勤に備えて月曜の昼くらいに寝る。

夕方19時前に起床。そのときも筋肉痛のきの字もなし・・・
食事し、出勤の準備をして会社に向かう。20時前に会社到着。
20時20分から始業なのだが、20時30分ごろ突然右腿外側から膝にかけて”おいしそうな痛み”が発生。
ちなみに私、変な癖があり筋肉痛の箇所を押して痛みを”味わう”のが好きなのである。

はい、計ったように24時間後に筋肉痛・・・うそのようで本当の話である。
その前の週、土曜日に同窓生バレー練習会で、まともなチームと試合があり結構ハードに動いた。
21時に練習は終わったのだが、そのときも24時間後の日曜の21時ごろから筋肉痛が出た。

筋肉痛が遅れて出るのは、年をとった証拠とよく言われる。
詳しい根拠は知らないが、筋肉が弱るというより活発?でなくなったことなのかもしれない。
まあ、もうじき46なので仕方ないと言えば仕方ない。

もうひとつ不思議なことがある。
24時間後に出た筋肉痛が、これまた24時間でピタッとなくなるのである。
これまたうそのような本当の話。

以前筋トレについて調べていた時に、トレーニング後72時間ほどに”超回復”なる時期があるらしい。
詳しいことは知らないがひょっとしてそれなのかな?
いや関係ないかも・・・ 苦笑