コロンビア出身の人気歌手シャキーラ 第1子となる男児を出産

2013-01-29

news

FIFAワールドカップ・南アフリカ大会のテーマソング「Waka Waka (This Time for Africa) 」を唄ったことで有名なコロンビア出身の人気歌手 シャキーラ が、2013年1月22日にスペイン・バルセロナの病院で第1子となる男児を出産したことが明らかになった。

父親はサッカーのスペイン代表でバルセロナに所属するジェラール・ピケ選手で出産に立会い、帝王切開で出産母子ともに健康だそうだ。

子供の名前は、「ミラン・ピケ・メバラク」、「ミランはスラブ語で『親愛な』とか、『愛する』とか、『優しい』を意味していて、古代ローマでは『熱心』とか『根気のある』という意味で使われています。それにサンスクリット語では『統一』っていう意味もあるんです」とシャキーラ自身が語っている。

ミランちゃんは、ピケ選手と同様に誕生直後にバルセロナのファンクラブ会員になったそうで、シャキーラは「生まれた時から父親と同じバルセロナの一員になった」と語っているそうです。

ピケ選手とシャキーラは、2010年FIFAワールドカップ以降交際が始まり、2012年9月19日には第1子妊娠中であることをオフィシャルサイトで発表していた。

Waka Waka (This Time for Africa) FIFAワールドカップ・南アフリカ大会のテーマソング

シャキーラ Shakira

フルネームはシャキーラ・イサベル・メバラク・リッポール(Shakira Isabel Mebarak Ripoll、1977年2月2日生まれ)、コロンビアのラテンポップシンガーソングライター。一般的にはシャキーラという呼び名で親しまれている。

ヒット曲には、「Whenever, Wherever」「Underneath Your Clothes」「La tortura”、”Hips Don’t Lie」などがあり、スペイン語、英語、ポルトガル語を話せる。

シャキーラシャキーラ
発売日:2014.04.09

Shakira – Can’t Remember to Forget You ft. Rihanna