チャゲ&飛鳥事実上解散

2009-01-09

CHAGE and ASKA

「SAY YES」や「YAH YAH YAH」などのヒット曲で知られる人気ユニット、CHAGE and ASKAが今月31日をもって解散することが8日、分かった。ファンクラブ向けの会報では「無期限活動停止」という表現になるようだが、事実上の解散となる。



チャゲ&飛鳥が解散するとなると私の年代40代半ばの人には結構寂しい話ではないでしょうか。最近でこそヒットチャートに名前が出ることはないですが、私が若かりし頃は一世を風靡していましたからね、誰もがチャゲアスの曲を口ずさんでいたのでは。

ソロ活動を重視するため「無期限活動停止」となっていますが、事実上解散なんでしょうね。またひとつ若かりし頃の思い出が消えてしまいます。まあ、CDがあるので音楽はきけますがね。

SAY YES / CHAGE and ASKA

ユニット結成30年が経つそうです。当初はフォーク調の楽曲だったように記憶していますが、音楽のジャンルを問われるとはっきりと区分できないのでは・・・

解散(活動停止)の理由は、音楽性の違いとなっていますが、これまで30年も活動してきて今更音楽性の違いはないかと思うのですが、どちらかが”我慢”してきたということでしょうか?それともこれから進む音楽の方向性が違うということなのかな。どちらにせよ残念ですね。

私はカラオケ嫌いなのですが、1曲くらい唄わないとうるさいので、そんな時はチャゲ&飛鳥『モーニング・ムーン』を唄います。とまあこんな話はどうでもいいことですね・・・

本来なら昨年末で解散の予定だったのですが、チャゲにお子さんが産まれたということで1月31日になった模様です。解散コンサート的なものはおこなわないようです。これからのそれぞれのソロ活動に期待しましょう。

追記 2015年10月8日
CHAGE and ASKA が、35周年を迎える2013年8月に国立代々木第一体育館でスペシャルライブ開催が発表されたが、6月11日に公式サイトでASKAに一過性脳虚血症の疑いがあり、静養が必要と診断されたため、8月末に予定していたスペシャルライブを延期。のちにASKAの薬物疑惑などもあり12月12日会報誌で開催の目処が立たない状況のためスペシャルライブを中止との発表があった。

2014年5月17日、ASKA、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕される。残念なことであるが、ASKAは所属事務所を解雇され、CHAGE and ASKAの復活は永遠になくなったようだ。

CHAGE and ASKA が、35周年を迎える今年の8月に新曲とともに6年ぶりに復活する。
『CHAGE and ASKA 「Here&There」着うた情報』のとおり、2009年にユニットとしての活動を無期限休止していたが昨年の秋ごろから水面下で復活のきざしがあったそうだ。
「SAY YES」「YAH YAH YAH」「ひとり咲き」「万里の河」などメガヒット、独特の美しいコーラスワークの チャゲ&飛鳥 の世界が再び聴けそうだ。



警視庁は2014年5月17日、男性デュオ「 CHAGE and ASKA 」の ASKA (本名・宮崎重明)容疑者(56)東京都目黒区東が丘1を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕したと発表した。
「私は今まで覚醒剤を所持したことはありません」と容疑を否認しているという。