アンダーアーマーは合わないのかな

2010-12-05

アンダーアーマーは合わないのかな

アンダーアーマーは合わないのかな昨日12月4日は今年最後のバレーボール練習会。私的には最悪の年であった今年、最後くらいは自分自身に一足先のクリスマスプレゼントとして、また毎年恒例の独りきりの忘年会 in ビジネスホテルも今年以降できなくなった(家に超熟女一人にできない 笑)ので、スポーツ用品を結構贅沢にまとめて購入した。喪中だけど年に1回の贅沢をお許しください。自分にプレゼントしたスポーツ用品は、バレーボールシューズとアンダーアーマー(UA)というスポーツインナーウェアー上下とハイソックス。

最近ではスポーツ選手がよく身につけている“ピチピチ”で見るからに“締め付けきつそう”というあれです。簡単にUAの効果をいうと、まず汗を素早く蒸発させる(いつまでも汗が乾かないとべたべたしてキモいですから)、保温(コールドギアという秋冬もの)、適度な着圧をかけることで筋肉の不要な振動(動き)を抑え筋肉の疲労・損傷を防ぎ、筋肉のパフォーマンスアップ、疲労回復を早める、筋肉痛の低減などの効果が期待できるそうだ。

12月3日にUAが届いて早速バレー練習会で使ってみた。ちなみに、下は黒一色、上は黒の半袖のいつものバレー着をあえて重ね着して、腕の赤を強調する“コーディネート”にしていた。このコーディネートに“つっこみ”が入るのを期待して。

一応“かえし”も考えていたのだが・・・『今日のファッションテーマは・・・紅一点』なんて・・・残念ながらな~んのつっこみもありませんでした。上の赤いシャツと下のロングショーツ(俗にいうスパッツかな)、そしてハイソックスとアンダーアーマー(UA)を着用していました。

UAオールシーズン コンプレッション ロングスリープモックT

UAオールシーズン コンプレッション ロングスリープモックT

アンダーアーマー コールドギア一覧(トップス)

バレー練習前家で初めてUAを来た時

UAのサイトのサイズ表を参考にMDサイズ(Mに相当)を選んだ。私は最近リバウンドに成功したので胸囲が104cm程度ある。(一番痩せて50kg台の時は95cm)身長で見るとSM(S)なのだが現在の胸囲でいくとXXL(3L?)になる。ちなみに胸囲を基準に選ぶ方がいいらしい。ということで痩せていた頃の胸囲を基準にMDを選んだ。

実際着てみて・・・「息でけへん」と一瞬思った。でも伸びるのですぐに「お!ピッタシ!」となった。この時以前TVで見たエスパー伊藤が5歳児の服を着るのを思い出して一人で爆笑してしまった。

着た感想はとにかく寒い。ちなみにこれはオールシーズン用なので保温効果はない?のではないかと思う。少し安いのでオールシーズン用を購入したのだがこれは間違い、秋冬はコールドギア、その他の季節はヒートギアを選ぶのが正しい。オールシーズン用は汎用的であまりよくないのである。

バレー練習中

さすがに汗を掻いてもすぐに乾いてドライである反面、やたら寒い!これは多分、汗が蒸発するときに気化熱?として体温が奪われるからではないだろうか。やっぱりオールシーズン用はダメ、冬場はコールドギアを選ぶべきであった・・・失敗

パフォーマンス(動き)はアップしたかといえば、別に普段と変わらない。よく勘違いされるのはパフォーマンスアップするといわれると自分の持っている能力以上のものが出ると思われがちだが、それは間違いで当然あくまでも自分の持っている能力内でパフォーマンスアップするということだ。

正確に言えば、パフォーマンスアップするではなく、パフォーマンスを引き出してくれるということかな。まあ私のような“おっさん”のパフォーマンス(能力)なんて無に近いので普段と変わらないのは当たり前だ。

疲労低減だが、これはちょっと効果があったかな・・・最後まで足(太もも)がダルイということはなかったかな。まあこれは、ロングショーツとハイソックスの効果になるのだが。

バレー練習後から今日にかけて

スポーツの後ということなので、疲労回復、筋肉痛低減の話になる。昨日の土曜日は朝まで夜勤で一睡もせずにバレー練習会に行ったのでさすがに帰宅後すぐに寝てしまった。

今日の朝5時過ぎまで寝たのだが、夜中に2回両足太ももの裏側(ハムストリングス)が攣って激痛で起きた。これまでどんなに激しい運動をした日でも足がつって寝ている途中で目が覚めたなんてことはなかったのだが・・・

それとこれは練習終了直後からなのだが、両肩と腰に強い関節痛が出た。(筋肉の痛みではない)これらのことがUAを着用した影響(副作用)なのかはわからないが、筋肉は保護するが関節は保護されないということなのかもしれませんね。

また今自分の筋肉の持っているパフォーマンス(能力)を出し切ったということがいえるのかな・・・このような高機能スポーツインナーウェアの別の商品の販売サイトでは、関節に疾病、怪我がある場合は使用を控えるようにという注意書きがあった。筋肉痛の軽減については私の場合通常運動後きっちり24時間後に出るのでまだわからない。

UAヒートギアコンプレッション ロングショーツ

UAヒートギアコンプレッション ロングショーツ

臀部から太ももにかけての筋肉をサポートする。実はこのロングショーツはヒートギア、主に夏に使用するもの。汗を蒸発させ、いつもドライに、冷やすものなのであります。よってこの季節に使うのは間違い、実際筋肉が冷えておりました。

考えれば当然なのですが、コールドギア(冬用)にはロングショーツ(ハーフパンツ)はなく、すべてくるぶしまであるレギンスタイプのものなのでこれを購入した次第。私が主にするスポーツのバレーでフルレングスのタイツはどうかと思ったわけです。

履いたときの感想は、現在私はリバウンドして腹が出ているので予想どおり“ボンレスハム”状態。ただ、腹が出ていてタイツなどはくとよくウエストが丸まってしまうことがありますが、練習後もウエストベルトはそのままでした。ちなみにもっこり(私は小盛)はつねにぴったと固定、快適でした(これもツッコミの返しに用意してました 笑)

練習中このロングショーツでカバーされている部分に違和感はありませんでしたが、いつも膝あての下にサポーターをしているのですがこの日はしておらず、ロングショーツにカバーされていない膝上の筋肉にだるさを感じていました。やっぱり冬場はフルレングスのレギンスタイプ(コールドギア)にするべきです。

ちなみに“足を細く見せる為”に着ているのではありません、大体、男がしかもおっさんが足を細く見せて何になるのか?逆に男なら足をたくましく見せたいのでは?笑

UAコールドギア ハイソックス

UAコールドギア ハイソックス

この年でハイソックスというのも結構勇気がいりますが、 今回購入したアンダーアーマー(UA)で一番効果を体感できたのがこのハイソックスかもしれません。このハイソックスはコールドギア(冬用)でつま先とかかとが発熱素材になっていて、実際暖かかったです。

土踏まずのアーチと足首の部分が締め付けが強いサポート素材になっていてしっかり安定(固定)されていました。いつもは足首にもサポーターを巻いているのですがこの日はなしだったが足首に不安はありませんでした。

足首からふくらはぎもしっかり着圧があり、練習中も具合がよかったです。保温するのに汗でムレることもなく、このソックスはいい買い物でした。

なんだかアンダーアーマー(UA)のレビューブログになってしまいました。まあ私のようなおっさんには不要なものなのかもしれません。

トップレベルのアスリートや毎日スポーツをしている人はアンダーアーマーの効果を実感できるでしょう。少しの運動で筋肉痛などと言ってるレベルの人間にはいらないかも・・・

ちなみに、アーマーとは鎧(よろい)という意味、鎧は着ける者を選ぶということ、戦国時代でも地位によって鎧は違いましたからね。「アンダーアーマーは合わない」のではなく、私がアンダーアーマーには不釣合いということです。

なお、某エベレスト・・・チョモランマ・・・いや、スポーツ用品量販店の某ヒマラヤでオリジナルブランドで安価な着圧をかける機能的スポーツインナーが販売されていますが、私くらいのレベルではそれで十分でしょうね。

適度な着圧をかければ筋肉の負担、疲労は軽減されることは実証されていますので、機能的スポーツインナーは有用なのは確かだと思います。

アンダーアーマー(UA)の効果を批判する記事ではないことはご理解ください。あるレベル以上の競技者が正しい使用法で着用すればすばらしい効果が期待できるものだと思います。

【ドームショッピングゾーン】公式アンダーアーマー_メンズ

Under Armour 公式オンラインショップ